人気ブログランキング |

日々つれづれ・・・

いつに無く早起きをして、用事を済ませに行き
帰りにお花屋さんに寄って、前から欲しかった「ギョリュウバイ」と「アメジストセージ」を購入。
どちらも地植えにしようと思っているけれど、とりあえず寒いので
一回り大きな鉢に植えて冬を乗り切ることに。
d0219114_022324.jpg


「ギョリュウバイ」最近初めて知った花ですけど、これあの有名なティーツリーなんだとか。
オーストラリアやニュージーランド原産で、ニュージーランドの国花だそうな。
でも調べてみると、色んな事が書いてあって本当なのかどうか分からなくなりました。
でも、こんなに可愛いらしい花なのでよし。^^
d0219114_023794.jpg


こちらはアメジストセージ。
もう終わる頃かもしれないのですが、来期に期待して。
大きく乱れている姿を良く見かけますが、ちゃんと切り戻したりすればおさまり良く育つそうです。
d0219114_024961.jpg


今日は早起きした割に、なんだか生産性の無い一日で損した気分(笑)





前のブログではたまに書いていたけど、こちらで触れるのは初めてかも。
これは誰に話しても仕方ないことなので、自分で解決するしかないんだけど
はけ口が無いのでここに書いておきます。

重いことなので。

それは母との関係。
若い頃から母とは水と油のような関係で、考える事が交わる事は決して無く
離婚してからも、別に住んで小競り合いが起きないならその方が良いと思って
そうして来ました。
とはいえ、実家には歩いて数分のところに部屋を借りていたんですけどね。

それが田舎に移住して、上下別とはいえ一緒に暮らすようになり
以前にも増して母に対しての嫌悪感が...

昔は気が合わないといっても、やっぱり母親のことは好きだったし
包み込んでくれるような大きさや優しさもありました。
でも今は家族全員、「こんな人じゃなかった」と言うような印象で。
人の悪口や嫌味は絶対に言わない人だったのに、別人みたい。

「歳をとったのだから仕方ない」と言ってしまえば、この話はもうそれで終わりです。
まぁ愚痴に近いようなものだけど。

何でここまで嫌悪感が増してしまったかといえば、それはそれで私の中では
大きな溝となることがあったわけで。

4年前(移住前)の冬、私は原因不明の高熱が一ヶ月近くも下がらないまま
近所の大学病院に毎日のように検査に行ったり、その結果を聞きに行ったりしていました。
自力で電車とバスを乗り継いで。
その一ヶ月近くの間、ポカリスエットで生命維持していたようなものです。

その頃は、実家から1分もしない場所に姉と一緒に住んでいましたが
母はお昼を作ってくれるでもなく、「食べたいなら来れば良いのにね」
父は病院へ送り迎えをしてくれるでもなく、「送って欲しいなら来れば良いのに」
と言って、何もしてはくれませんでした。
車なら10分もしない場所。でも電車とバスを乗り継げば40~50分はかかる。
後半は体力も消耗していて、本当に死ぬかと思った。

一度か二度、様子を見に母が来ましたが、「行っても機嫌悪いし、起きてもこないし嫌な感じ」
と言って来なくなりました。
私の状態は、姉が毎日話していて知っていたのに。

それなのに、自分の知り合いには「娘がこうだから落ち着かなくて忙しい」見たいなことを言っていたそうで
「両親が側にいて良かったわね」とあとで色んな人に言われました。
何一つしてもらってませんが何か?と言いたかった。

もうこの時点で私は「親なんていくら近くにいても私に対してはこうなんだな。嫌われたもんだ」
と、親に対しての信頼や甘える気持ちなど無くなりました。

その後移住して、子宮筋腫の手術の時も、脳腫瘍の手術の時も
付き添いにも、見舞いにも来ませんでした。
父や母の変わりは姉が全部してくれました。
もはや親に対しての期待など無く「やっぱりね」という思いでしたけど。

ちなみに、この人たちは私の実の両親です。
実の親にこんな思いをさせられると言う事は、私がそれなりの事をしたのかなとも悩んだり...


こんな経緯があったことから、特に元から気が合わなかった母に
完全に心を閉ざしてしまったんです。

私の態度を見れば、いくら鈍感な母でも嫌われていると言う事は気付いてるはず。
「私が手術の時に行かなかったから、あの子は未だに怒っているんだろうね」と姉に言ったそうです。
もうそんなレベルは通り越してる。

でもいくらこんな恨みつらみを言っていても、きっと親に何かあった時に
今こうしている自分を、後悔するに決まっている。
夜になるともっと優しくしようとか、素直になろうとか思うのだけど
翌日顔を見るとそんな気持ちより、イライラが先にたち
毎日同じことの繰り返し。

もうこんな気持ちから開放されたいのだけど、もうどうして良いのか分からないな~。
こんな病を持って、こんな気楽な暮らしを出来るのも
親がいるからだとわかってはいるんだけど。困ったもんだな。
by freewheelinglife | 2012-01-13 01:37 | 好きな物・事


自由に穏かに生きたい。       古物・手作り・わんこ love♪


by yumi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

私のお店です

Allie's Antiques

アンティークやヴィンテージ雑貨を
扱うブログショップです。

伊豆高原の自宅ショップは
転居の為、閉店しました。

最新の記事

ブログ引っ越しました
at 2014-08-09 14:04
近況報告
at 2014-05-28 22:41
お気楽過ぎるよね
at 2014-03-25 00:23
迫る・・・
at 2014-03-05 21:36
寒がり
at 2014-02-11 02:42

カテゴリ

日常
アンティーク
ハンドメイド
好きな物・事
愛犬アリー

お店のこと
禁煙

ファン

検索

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
イギリスからヒトリゴト
 フランス生活便り
***Skip***
クチュール感覚のビーズビ...
BLEU CURACAO...
スペイン・バルセロナ・ア...
イギリス ウェールズの自...
満月アンティーク
le grenier d...
ちりめん戯縫
dahliacyan
il mio vestito
トホホのホ。
宮崎の花屋 アナーセン
Entrez dans ...
Flower Firenze
* la dentell...
Anticoco Diary
ニューヨーク*ユニオンス...
natural色の生活~...
sucre
ROSE DECO
L'Ambiance d...
Avenue No.8
sous les omb...
ラクトフラム
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
honeysuckle ...
Hej☆〜スウェーデンか...
伊豆高原 Gallery...
Wind and Roses
nostalgie ~猫...
Allie's Anti...
ひよこ雑貨店(2冊目)
Mint&Silk wG...
Country Livi...

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ


ファーストガーデニングガイド たったひと鉢からはじめてみたい


パリのメルスリー―小さなアンティーク手芸用品店


パリのアンティーク屋さん


サジューのお裁縫箱2 フレデリック・クレスタン=ビエのフランス・アンティーク糸の世界


ヨーロッパのレース手帖 ノスタルジックでかわいい乙女のための手帖


イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事


フランスのアンティークファブリック―フランスから届いた、色鮮やかな布


アメリカン ヴィンテージ ファブリック アメリカで集めた、とっておきの布。 (Textiles)


ナチュラルアンティークショップガイド ~時を越えた家具や雑貨に出会える場所~


ラブラドール・レトリ-バー 2011年 カレンダー


羊の国のラブラドール生活白書

タグ

(29)
(29)
(25)
(14)
(10)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

Ranking

FXを手数料で比較!

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
40代

画像一覧